2010年05月09日

KSC Cz75 (2nd)  system7を買ってみた。

ども。
Freakのへっぽこ担当(謎)、尾川屋です。

昨年秋に、KSCからCz75システム7化のアナウンスがあったものの、
現状使っているバウスカの調子が絶好調すぎて
買う気はサラサラ無かったんですが、、、


先日、メンテナンスをしてたらフレームにクラックが入っておりまして。(南無
一応KSC問合せてみましたが、案の定バウスカ仕様のフレーム在庫は無いそうで。
作動に影響は無い部位とはいえ、クラックが拡大し剥離した場合、
激しく見た目が残念になってしまう部分だけに、
心情的にガンガン撃てなくなってしまいマシタ。(弱


そんなコンナで、先日発売されたシステム7なCzを買ってみました。







世間ではショートレイルこそが至高といわれとりますが、
75Bが好きな私としては2ndのほうが好みだったりします。
(バリエーションで75B出してくれると嬉しいんですが。。。)




曲面部は相変わらずM/C加工全開で非常に満足度の高い仕上がりです。
…私の個体はトリガーガード部にパーティングラインが少し残ってますが。


旧型との比較ですが、まず気になるのはホールドオープン位置の違いでしょうか。



新型はフレームとツラ位置で停止するようになっており、
旧型と比べると2mm弱程前進しています。



また、エジェクションポート前部の面取り形状も異なってます。
どちらが実銃よりなのかはわかりませんが。。。




チャンバー周りはリアルライブショートリコイルが廃止されたことで、
亜鉛のブロックで支える構造に変わりました。
これによりリコイルスプリングは若干短くなってます。


各部のディテールを舐め回したところで、実射に移ります。
作動前に分解注油を行い、念のため手動で各部の作動をチェックしたのち、少々空撃ちを。
システム7化されたコトで、他モデル同様に作動スピードは飛躍的に向上しました。
(M9同様、作動の質感(謎)は旧型のほうが良いんですけどね。。。)

マガジンは暖めなくとも充分に作動します。
むしろ暖めるとスライドがどうなるかワカランので、人肌以上には暖められません。(弱


それでは弾を込めて本格的に慣らしを始めます。
リコイルSPのテンションは弱めで最初の5マグ程度は
マガジンからの抜弾抵抗(?)で閉鎖不良を起こすこと数回。
ある程度撃つうちに殆ど起こさなくはなりました。

また、ある程度冷えてもガシガシ動きますが、、、
冷えると給弾不良を起こす(やはり抜弾抵抗が大きめ?)ため、
美味しく使える範囲は意外と狭いかもわからんです。


集弾性ですが、例によってシステム7はガスの吐出が安定しているとみえ、
SⅡS0.25g(セミバイオ)で10m先のリンゴ大の的にカンカン当たります。
同社製0.20gでも作動はしますが、ややバラつきが大きい印象です。

トリガーフィールは旧型同様、ドコでシアが切れるのかわからない仕様。
リコネクトも長いんで、かなりクセがあります。
まぁ、何だ。 要は慣れろってコトで(ry


現状、5,000発以上撃っておりますが、コレといってトラブルは起きておりません。
発売が延びただけあり(?)、思ったよりはタフかもわからんです。
Czに興味がある人なら、買って間違いは無いのでは。
1st待ちとは言わず、1st早期発売のために、ひとつお布施をですね(ry

その後、気になるトコロにチョイチョイと手を入れたので、
次回はそのあたりをネタにしたいと思います。




同じカテゴリー(Weapon紹介)の記事画像
KSC システム7 MP7A1 ガスブローバックです。
タニオコバM4 所感
迷彩カバー(マーパット生地使用)
同じカテゴリー(Weapon紹介)の記事
 KSC システム7 MP7A1 ガスブローバックです。 (2009-11-04 22:30)
 タニオコバM4 所感 (2009-11-03 20:32)
 迷彩カバー(マーパット生地使用) (2009-09-16 23:39)

Posted by セルボ(・ิิω・ิ)  at 16:15 │Comments(0)Weapon紹介

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。